ヨガに絶対にこうしなければならないというのはありません。
ですがどれくらいやれば効果的というのはあります。
ここではどれくらい通えばどんな効果が期待できるかを検証してみたいと思います。

レッスンに通うなら最低でも週に1~2回は通いましょう

週1回

時間がない方でも最低ラインとして週に1回は通うのが最適です。
週に1回通いながら、レッスンで身につけたポーズを自宅でも実践することができます。
モチベーションを維持するためにも、週に1回は通いたいですね。
それ以下になってしまうと、ポーズを忘れてしまったり、習慣にできなくて挫折する原因にもなります。ホットヨガで痩せたいという場合でも、目安は週1回からはじめるのがおすすめです。

週に2回

時間に余裕があれば週2回が効果的です。
ヨガを実践することで体質改善したり、体の柔軟性を身につけたい方は週に2回は通うのがベストです。
代謝が改善したり、筋肉量がアップするので運動不足を解消することができます。
週に2回も通えば、ポーズも身について自宅でも楽しく復習することができます。

モデル体型を目指したいなら週3回以上が理想的

モデルさんやアスリートなどの引き締まった体を目指したいなら、週3回以上がおすすめです。
回数を多く通うのであれば、フリーパスを発行している教室もあるので多く通った方がお得です。

家で毎日続けていけば効果アップ!

しかし毎日のようにヨガ教室に通うのは、仕事を持っている方には難しい場合も多いですね。
教室に通わない日も、自宅でしっかりとヨガのポーズをとれば問題ありません。

むしろ初心者なのに急に毎日のように通うと、疲れてしまったり逆にストレスを感じてしまう、強く好転反応が出るなどマイナス点もあります。
自宅では基本的なポーズを毎日続けることで、ポーズも忘れにくくなり、より効果も感じやすくなり、一石二鳥です。

毎日通うとマイナス面がある?やりすぎに注意

ヨガには即効性はないので、集中的に行ってもゆっくり行っても効果に差はありません。

ヨガ自体は基本的には筋トレと違い体に高い付加をかけるものではありません。体の柔軟性を高めインナーマッスルへ働きかけるものなので毎日やっても大きな支障はありません。

ただ、やりすぎて体に違和感を感じる場合はあり逆効果になるので、自分の体と対話しながら進めることが注意点です。

ホットヨガのデメリット!頻度は注意、週1、2回が限界

特にホットヨガの場合はレッスンの頻度が多いとデメリットもあります。

やりすぎると熱中症や自律神経のバランスを壊してしまうリスクがあります。

暖かいスタジオ内では関節部も無理をしがちです。頑張りすぎて自分の限界以上にストレッチをして、かえって体を痛めてしまったというケースが多いです。

焦ってペースを上げることは避けましょう。

関連記事

ホットヨガのデメリットは?リスクに注意して汗をかこう!

目的、効果でベストのペースは変わる?

ヨガには様々な効果があります。目的に応じて必要なペースや内容は変わります。

ヨガの効果がスゴすぎる!20個のメリットで人生が変わる!

ダイエット

特にダイエット目的で痩せたいという場合は、ヨガだけではあまり期待はできません。ヨガでは体の柔軟性を高め、体質改善を目的として、ヨガとは別にジムやエクササイズでの有酸素運動を一緒にしましょう。

ヨガで脂肪燃焼効果はゼロではありませんが、期待するほどの効果は認められていません。これはホットヨガでも常温ヨガでも同じです。

消費カロリーはウォーキングと同じくらいなので、個人差はありますがダイエット法として激やせする、体重がすぐ落ちる、すぐシェイプアップできるという期待は持たないほうがいいでしょう。

≫≫ ヨガのカロリーってどれくらい?ホットヨガの消費カロリーは高い?ダイエットに効果的?

≫≫ ヨガによるダイエット効果はどれくらい期待できる?

基礎代謝はアップするので、続けることで痩せやすい身体には変わったり、冷え性改善、むくみ予防などは期待できます。

≫≫ ヨガで痩せるのはなぜ?どのポースがおススメ?

リラックス、美容、健康維持

ヨガは様々な効果が期待できますが、ストレス解消や内面重視の場合、頻度は少なくても充分効果は感じられるでしょう。体が柔らかくなる、姿勢が良くなるという点は即効性があります。

とにかく習慣にすることが大事

ヨガには即効性はありません。無理なく長く続けることで、カラダに変化を感じてじわじわ効果を実感してくるタイプのものです。
初心者の場合は難しいポーズや呼吸法を無理する必要はなく、週1回からのペースで続けることが一番大事なポイントです。無理をして途中でやめてしまう、数か月で飽きてしまうというのが一番もったいないことです。

3か月目で変化する?効果がでるまで期間はどれくらい?

自分の体の変化を感じるのが3か月目以降という声が一番多いです。

この場合は、人の体が新しい動きや習慣を覚えるのに必要な期間が3か月という点とも関係しています。スタジオに通うなり自分でやるなり3か月は続けることがおすすめです。その場合、頻度や回数を増やすことより期間を長く続けるほうが効果は大きいです。

効果がないなと感じたら

3か月以上たっても効果を感じないという場合は、細かいところを確認しましょう。

・体重は変わらないけれど、ボディラインがきれいになっていた。
・ヨガスタジオに通っていたけれど、その分カロリーをたくさん摂りすぎていた。

など、マイナスの習慣や見落としがあるかもしれません。ヨガは効果を感じにくい部分はありますが、身体の柔軟性やメンタルの改善など様々な点での変化や前身は感じられルと思います。

関連
ホットヨガをがんばっているのに痩せない!どうしたらダイエット効果を感じられるの?

はじめに基本をきちんと学ぼう

ヨガを独学でやるのではなく、初めは基礎をきちんとインストラクターに学んだほうがいいです。
正しいポーズや呼吸法を継続することで、初めて効果がでてくるので、我流で間違ったヨガを避けるためにも初めは素直に専門家に教わるためにヨガ教室を利用しましょう。

自宅で教わったポーズを確認しながら日常生活の中で自分でやってみるというやり方が一番上達も早いです。

自宅で朝晩実践するのが効果的

朝のヨガのメリット

朝起きて食事を食べる前にヨガを行うのが効果的です。
朝日を浴びながらヨガポーズをすることで、体が目覚めて自律神経も整います。
脳内でセロトニンという幸せホルモンが分泌されるので、メンタルにも良い効果をもたらします。
胃腸の働きも活発になり、食欲が沸いたり便通の改善にもなります。

夜のヨガでダイエット効果UP!

夜に行うと1日の疲れを癒して寝つきを良くする効果が期待できます。また、代謝を良くすることで、痩身の効果があります

寝る前になっても頭が冴え過ぎる方は、うまく副交感神経に切り替わっていないことが原因に考えられます。
就寝の3時間前にはPCやスマホはやめて、少し部屋を薄暗くしてヨガをしましょう。
特に仕事で精神的に緊張をしたり、頭がさえ過ぎて寝つきが悪い方にも最適です。
副交感神経が優位になり、程よい身体の疲れが眠りに誘ってくれるはずです。

関連
≫≫ 夜寝る前にいいヨガはこれ!夜ヨガでダイエットとよく寝れるポーズ!

まとめ

教室に行く回数にはこだわり過ぎず、行ける範囲で続けましょう。
なるべく毎日のように自宅で実践できるように心がけましょう。

自宅では朝と夜に2回に分けて、ヨガを行うのがおススメです。


ヨガスタジオおすすめランキング