LAVA(ラバ)、カルドといった大手を始めとして、ヨガスタジオ・ホットヨガスタジオが次々に、リンパヨガのクラスを開いています。

どんなエステサロンでも、リンパマッサージのメニューがあることからもわかるように、リンパは美容や健康のキーワードですね。ただでも効果の高いホットヨガがさらにリンパを押し出しているのだから、これは見逃せません。

リンパヨガとは

まずはリンパについて知っておきましょう。血液と並ぶぐらい大事な存在なのに、きちんと理解している人意外には少ないようです。

リンパとは

単にリンパと呼んだ場合は通常はリンパ液のことを指しています。このリンパが流れているのがリンパ管、リンパ管が集まって塊状になっているのがリンパ節です。

リンパの成分は血しょう(血漿)です。血液の中の赤血球を除いたものをいいます。血管の中から染み出して、血管と並行して身体中に張り巡らさせているリンパ管の中に入ります。リンパと呼ばれるのはここからですね。

このリンパは最後はワキの下やヒザ、脚の付け根などにあるリンパ節を通るたびにその一部が、血液の中に戻ります。

リンパの役割

リンパには腸から吸収した脂肪分が溶け込んでいます。体のどの細胞もこの脂肪分をエネルギーの一部に使って活動します。また、細胞の活動でできた老廃物を運び去るのもリンパの役割です。

この老廃物は最後はリンパ節でろ過され、最後は尿などに混ぜて体の外へと排出されます。「リンパはデトックスでも大事な役割もになっている」と覚えておきましょう。

簡単には流れないリンパ

血液が心臓によって勢いよく押し出され、体中を巡ってまた心臓に帰ってくるのに対し、リンパにはそんなポンプ役はありません。血液の流れに間接的に影響を受けて、ゆるゆると押されるだけです。血液は1分もかからずに体を一周する一方、リンパは8-12時間もかかります。

リンパが流れないと

もともと流れにくいリンパが、運動不足・加齢・体調不良などでさらに流れにくくなると、老廃物が細胞にとどまったままになります。特に腕や脚など心臓から遠いところがそうなりがちです。心臓から遠く、血液が流れにくい分、リンパもスムーズには流れません。こうなった状態がむくみです。

もちろん、老廃物が邪魔をして細胞活動が低下します。「カロリー消費が低下する」と覚えておいていいでしょう。脂肪分は消費されず、体脂肪となって蓄えられます。「肥満する」ということです。その肥満を放置すると、体にこびりついた体脂肪と、とどまったままの老廃物が合体して、さらにセルライトにまで進むでしょう。

それらだけではありません。細胞活動の低下は全身のあらゆるところで起こり、美容や健康を損ねます。皮膚の細胞に注目してみると、「お肌のターンオーバーが進まない」ということになります。やがてシミ・ソバカスができ、ハリやツヤが失われることになります。

リンパヨガの効果

このリンパの流れを助けてやる方法のひとつが、リンパマッサージです。リンパの流れにそって、優しくなでるようにマッサージします。リンパの働きが肌の衰えや肥満に直結していることが分かれば、リンパマッサージがエステサロンの人気メニューになっている理由も理解できるでしょう。

しかし、リンパマッサージはリンパやリンパ管に対して外から手助けしているにすぎません。リンパやリンパ管の機能を回復させるには中からの改善が必要です。

ヨガならこれが可能です。ヨガでは筋肉や腱の柔軟性がアップします。血管もリンパ管もこれらの中を通っています。筋肉などの柔軟性がアップすれば、血管・リンパ管の柔軟性もアップし、中を通る血液・リンパ液もスムーズに流れるようになるのです。

一般的なヨガでも十分な効果があるものの、特にこのリンパ・リンパ管の機能回復にターゲットを定めたのがリンパヨガです。

リンパヨガのやり方

リンパヨガは、アシュンタンガヨガやパワーヨガといったようなひとつの流派ではありません。単にリンパに集中したプログラムというだけです。やり方は様々です。

とはいえ、リンパヨガのプログラムを用意しているところの多くはホットヨガのスタジオです。つまり、「ただでもリンパの機能回復ができるヨガに、さらに高温・多湿にして血液・リンパが流れやすくすることで、一層効果を高めている」のがリンパヨガと考えていいでしょう。または、これにリンパマッサージをプラスし、リンパ管を中からも外からも活発化させるというスタイルをとっているスタジオもあります。

リンパヨガのポーズ

こういった状況なので、決まったリンパヨガのポーズはありません。スタジオやインストラクターが個々にポーズを選んでいます。

もし、自宅でもやってみたいというのなら、むくみが解消するポーズにセルフでできるリンパマッサージを組み合わせてみましょう。むくみ解消は、「リンパの流れをよくして、無駄な分までのリンパを残さない」と同じことと考えていいでしょう。

たとえば脚のむくみ対策なら、下向きの犬のポーズ、三日月のポーズ、鷺(サギ)のポーズなどがあります。

動画


リンパヨガ


脚のむくみ解消リンパヨガ 下半身痩せにも効果的☆

LAVAのリンパヨガ

でもやはり、高温・多湿のホットヨガ用のスタジオでレッスンをやりたいですよね。リンパヨガのメニューが充実しているホットヨガスタジオはなんといっても、LAVAでしょう。店舗数が多いので利用もしやすいです。

 

リンパヨガのレッスンは、「リンパリラックスヨガ」と「リンパリフレッシュヨガ」の2種類あります。主な違いは、「リラックス」のほうはレッスン時間の前半にセルフでリンパマッサージを行うのに対し、「リフレッシュ」はマッサージ1種類ごとにそれに対応するポーズを取っていくことです。

どちらも初心者向けで、体験レッスンも可能です。気楽に参加してみましょう。

→LAVA 詳細

リンパヨガで使うバームって?

ヨガは広い場所も要らず、家でも手軽にできるのが人気の理由のひとつです。道具らしい道具も不要です。服装も楽なものでさえあれば、どんなものでもかまいません。

ただし、リンパヨガを意識しているのなら、あったほうがいいのがリンパヨガバームです。リンパヨガ専用のクリームですね。

エッセンシャルバーム

といっても、種類は多くなく、ほぼLAVAのレッスンでも使っている「エッセンシャルバーム」に限られます。リンパマッサージのときに手が滑るようにするだけではなく、保湿などの美容成分なども含まれています。また、発汗もうながされるのがヨガ専用ならではといっていいでしょう。

LAVAのWEBショップだけではなく、楽天やアマゾンなどの通販でも手に入ります。

リンパヨガのバームは代用できる?

もし、「すぐにヨガ&リンパマッサージを始めたい」というのなら、リンパヨガ専用クリームの代わりになるものを使いましょう。

ヴァセリン(ワセリン)

ワセリンならドラッグストアでも必ずあります。肌の乾燥対策などにも使えるので、ひとつ持っていてもいいでしょう。肌への刺激は全くとないといっていいぐらい、安全性の高いものです。

また、ヴァセリンの名前でも売っており、こちらはユニリーバ社の商標です。いくつかの種類があるものの、リンパヨガに使うのならほかの配合成分がなく、ワセリンの純度が高いものでいいでしょう。

ただ、かなり固めで伸びは悪いので唇などの小さなところに使うのはいいですが、ボディ用に広く使うのはべたつきすぎ、洗っても落ちない、ので他のものを使うほうがいいです。

クリーム


もちろん、マッサージクリームやほかのバームを使ってもいいです。

せっかく体が中からリフレッシュするヨガをやっているのです。天然成分が主体のものがおすすめです。また、無香料にもこだわりましょう。自分自身の体のためはもちろん、においが強ものはレッスンを受けている場合、周辺の人の気を散らせることになってしまいがちです。
無香料の人気バーム一覧【楽天】

まとめ

「リンパヨガでないなら、リンパの改善にはならない・・・」ということは決してありません。どんなスタイルのヨガでも大なり小なりリンパのためになります。

それでも、やせたい・肌をきれいにしたいといった目的があるのなら、ホットヨガやリンパマッサージも採り入れたリンパヨガがおすすめです。いっそう早く目的が達成できます。